朝クレンジングでのダブル洗顔で化粧ノリのいい肌に

クレンジングや洗顔の使い方で肌の状態は良くも悪くもなります。

クレンジングの種類はクリーム、オイル、ミルク、ジェル、拭き取りタイプとあります。クリームタイプは、肌に優しく乾燥肌の人に適しています。オイルタイプはメイク落ちは抜群です、ウォータープルーフのような濃いメイクも綺麗に落としてくれます。その分、肌には負担がかかります。

オイルタイプを使うと乾燥したり。オイリー肌の人は、ブツブツができたり肌のトラブルを引き起こしてしまう事も。ミルクタイプはナチュラルメイクぐらいの軽いメイクなら、簡単に落とすことができますが、ウォータープルーフや、しっかりとしたメイクを落とすのは少々、難しいかもしれません。ジェルタイプは、サッパリした使用感でニキビのある人に適しています。最後に拭き取りタイプですが、化粧品を落とすのが面倒な人には助かりますが肌には良くありません。

ゴシゴシと拭いて摩擦によって肌に負担がかかります。使用するなら、毎日の使用を避けるか、ゴシゴシと擦らずに使用する事が大事です。そして正しいクレンジングや洗顔ができているでしょうか、間違った洗い方だとシミやシワの原因になります。

落とす時は短時間で手早く済ませること、ぬるいお湯ですすぎます。熱いお湯だと余計に乾燥を招いてしまうかもしれません。分量も大切です、コスパをよくする為に、少しで使用している人もいるのではないでしょうか。正しい量を使わないと、肌の摩擦になってしまいます。ゴシゴシ洗うのも美肌にはなれません、危険な行為です。とにかく優しく丁寧になおかつ、すすぎは手早くです。

朝クレンジングの必要性

朝クレンジングは、良くないという声もあります。何故なら多からず少なからず肌に負担がかかってしまうから、メイクをしていない肌にクレンジング剤を使うと、より乾燥したり肌にトラブルがでてしまう事もあるかもしれません。しかし、メリットもあるようです。

朝の肌の状態は、メイクを落として美容成分で保湿されているので、綺麗に感じますが実は、新陳代謝を繰り返すことによって、皮脂だらけなのです、そして夜につけたゲルクリームの残骸。これらも油性の汚れになります。油性の汚れは、洗顔フォームでは綺麗に落ちないのです。

汚れが毛穴に残っている状態で、美容成分がたくさん入っている商品を使っても、美容成分が浸透しきれずケアが活きてこないのです。朝にダブルクレンジングをすることで、その後に使用する美容成分がグングン浸透し、化粧ノリのいい肌に整えてくれます。なかなか美肌になれない人は、朝クレンジングでのダブル洗顔を試してみるのもいいかもしれません。